読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっけない

そんなことってあるのか

一人で暮らす

一人暮らしを始めました。理由はいろいろあって書こうと思ったら長くなってしまったので端的に言えば私が精神病だからです。一人暮らしは楽しいと聞いてたのでそりゃあたまんないですな、と思いながら数日、寂しかったり夜寝るときが怖かったりするのにも慣れてきて、やっとこれが一人暮らしの楽しさか?というものに触れられるようになりました。寝たいときに寝れていくら遅く起きても怒られないってのは最高ですね。誰も起こしてくれないというのは難点ですが。先日は夜中の3時に寝て起きて時計見たら6時で、完全に夕方と思ってうわ!!丸一日寝ちゃった!!!と頭抱えてたら全然3時間後の朝6時だったってこともありました。 エル・カブキが2年9ヶ月ぶりに単独をやるみたいです。いや、あんな楽しかった単独2年9ヶ月前!!!??という衝撃たるやですね。前回の単独後、中野twlでのライブのお客さんが5人で、エル・カブキの取り置きが4人だったので「こっちが本物のエル・カブキ単独では」とウケたのも2年9ヶ月前!!??と思ったけど別にそれはそんなにウケてませんでした。楽しみですね

ツイッター

ツイッターをしばらく休んでいました。ブログを書きますと言ってブログも書かなかったのでSNSから離れていたことになります。自分の時間の使い方が起きたらまずツイッターを開いてTLをさかのぼり、朝ごはんを食べて歯を磨いたりしてるあいだにまたツイッターを見て、着替えてはツイッターを見て、化粧しながらツイッターを見て、家を出た瞬間にツイッターを見る生活だったのでこれはさすがにマズイだろうと思い一旦アカウントを削除してツイッターから身を退いてました。というか割とそういう生活になってから5、6年くらい経ってるので絶対遅いじゃんって気がするんですが。休んで最初のころは「もしかして誰かが私がいないことに気付いてどうした?とか思ってくれてるんではないか」とか淡い期待を抱いてたりもしましたが後半になると「私がツイッターにいないからといって誰かの心が動くことなんてないだろ」とだいぶ現実が見えるようになり、ちょうどしばらくその時期にお笑いライブを見に行く機会がなかったので本当に生きてるか死んでるか分からないのではとも思えてきて、お友達(私が友達と思ってるだけかもしれない)からLINEが来て嬉しかったりしてました。結局復帰してるのですが、復帰前日に久々に行ったライブでお友達と会って声をかけてもらえてあ〜〜覚えててくれてるのか〜〜!!とありがたくなったり。ツイッターを日々のメモ代わりにしてたのでやってないあいだはアナログで日記を書いてました。今日はあれを食べたとかこういうことがあったとか絵を描いたりとか、インターネットで誰かに見られていることを考えずに書けるのでこれはこれでアリだなぁと思って今も続けています。

私は映画館で仕事をしてるのですが、接客業なのでやっぱりいろんなお客さんに遭遇します。この作品は年配の方が多いからこの時間帯は説明に呼ばれるのが多くなるな、とかいろいろ考えることもあります。まぁ周りが大学生ばかりなので友達が1人もできず社員からはやたらと当たりが強かったりしてこれパワハラで訴えちゃダメかね!?とか思ったりもしますが仕事自体は楽しいです。自分の良いところは「仕事自体を楽しいと思えるところ」だと自負してます。このあいだ来た、大学生くらいで関西弁の女性が前売り券について質問してきたのであくまで業務的に答えたらものすごい、本当にものすごい可愛い笑顔でお礼を言ってきて、正直笑われるのが苦手で人の笑顔を見ても何も心動いたことないのですが、それがあまりにも可愛い笑顔で、造形自体は確かに整ってる人だったけどもうそういうことじゃなくてとにかく笑顔が可愛くて、完全に好きになってしまってわーーー!!て叫びだしたくなりながらまた仕事に戻ったところしばらくして先のお客さんが来てあぁ…あぁ…好きだ!!と思いながら「どちらの作品になさいますか?」と聞いたところ「○○の親子ペア券と、△△の一般券と子供券ください!」とあの笑顔で言われてこんなに完膚なきまでにフラれることある!!!????!?てなってショックで声が震えてしまいました。もう立ち直ってますが。

抜歯

8月に入ってから歯を3本抜きました。すべて奥歯なのでロバート・デ・ニーロを彷彿とさせますね。おかげで卵かけご飯すらうまく啜れず残してしまったり、これじゃあ痩せちゃうよ〜〜(;;)なんてふざけたことをのたまったりして乗り切ってます。近所の歯医者さんは怒らないし治療費高くないしタイプのお姉さんがいるので通うのも苦になりません。とはいえ20代前半でロバート・デ・ニーロか…とは思いますが。まぁ奥歯なんて誰に見られる訳でもないしこれを教訓として残りの歯を大事にします。
ゅ 13-14(初回生産限定盤)(DVD付)

ゅ 13-14(初回生産限定盤)(DVD付)

ユニコーンの新アルバムを購入しました。発売日にタワレコ行ってCDを買う行為はいつぶりでしょうか。しかしやっぱり大きく展開されてるのを見るとテンションが上がりますね。 ところでロバート・デ・ニーロはお金持ちなので奥歯抜いてもすぐにインプラントができるんじゃないでしょうか?羨ましいぜデ・ニーロ。

追記:1本は親知らずだったそうです。ギエピー

DVD

f:id:oroshipons:20160804155611j:plainユニコーンの9500円するライブDVDを買いました。2011年のなんですが、私の中でZⅡで知識が止まっているのと、このライブDVDには超初期曲のMaybe Blueが入ってると知ってこれは!と思って買ったのです。もう5年くらいはユニコーンを離れていたので浦島状態で、離れる少し前にドラムの川西幸一氏50歳のイベントをやっていたのにいつの間にテッシー、民生、EBIくんも50になっていて、つい先日阿部B(現在はABEDONらしいんですが未だにアベビー呼ばわりしてしまう)も50歳を迎えたらしく、時の流れ恐ろしやと震えています。自分の年齢を思うとまた。ユニコーンが再結成したのが2009年、私が高校受験でヒィヒィ言ってた頃ですね。なんだか思い出したくないことがたくさんあるので思い出さないことにします。闇が深い。 デブなので大抵の冷房寒いと感じないんですが電車が寒すぎて驚いてます。細い人は凍ってしまうのでは。昨日はマセキ芸能社の真夏の笑フェス2016に行きました。もう4年くらい行ってるのでさすがに慣れたもん、と思いましたが何せ上野自体1年に1回しか行かないので出口を間違えて無駄に歩いてしまいました。なんか知ってる道だな、と思ったら去年も全く同じことをしてました。笑フェスは前座に出ないライジングオレンジのメンバーがもぎりをやってるので「今年はADVANCEがもぎるのでは!?」とワクワクしてましたが前座落ちしたので全然きしたかのにもぎってもらいました。小さい劇場でも何度かやってるんですが、パーパーのネタの「このメンヘラブス!」と罵るところで私だけが高らかに大爆笑する、というのを笑フェスでもやってしまい恥ずかしかったです。

休み

週7で働いてることにかまけて部屋がめちゃめちゃ汚い状態でずっと過ごしていたんですがちょっと用で数日ほどお休みが取れたので片付けを始めました。気分を高めるために断捨離の本を読みサイトを見てその流れでツイッターを見てア〜〜やっちゃった、と思ってまた断捨離のサイトを見てゴロゴロしてセトウツミの4巻を読み、本を置いた瞬間に「あれっ!?私いまなにしてたっけ!?」と記憶を飛ばす奇跡も起きたりして全然進みません。

そもそも数年前に大掃除をしていらない物を全部捨て、そのあとも常に増えた服を捨てたりとか本を売ったりとかいろいろしてて、自分自身は割と断捨離自体には抵抗がない方だと思います。ただやる気が出ない。昨日から始めたんですが昼の12時にはスタグラを観に中野へ行き、中野駅から出た瞬間に目の前の男の人がすれ違いざま唐突に肘を突き出し私の胸にこすりつけていって、は?と思いながら歩いてたら後ろからさっきの男がついてきて私の前に立ちはだかり、今度は完全に肘を胸に押し付けて何か言ってきたのですがイヤホンしてたので「え?なに?」と言ったら逃げて行きました。マジやべー人もいるもんですね。ブスでデブなので魅力はゼロですが乳はでかいのでそれだけでもこういうことに遭います。世の女性は本当に気をつけてください。何の話ですか?スタグラはMCのエル・カブキを目当てに行ったバトルライブなのですがバトルのエントリー数が5組しかいなくてOPMC、2組バトルネタ、中MC、2組バトルネタ、中MC、1組バトルネタとゲストネタ、中MC、大喜利企画、EDMCとエル・カブキが超出ずっぱりだったので本当に最高でした。地下ライブで見るエル・カブキはとてもイキイキしている。3、4年くらい前からそういったエル・カブキを観ていますがさして増えも減りもしない客も含めて良いな、と思います。モグライダーが以前「俺たちを一番好きって人はほとんどいない。だいたい他に一番がいてサブに俺らがいる」って話をしてたけどエル・カブキは一番好きな人が自分含め本当に少数だけどいて、ただサブで好きかというと名前が挙がりづらいという感じだと思います。しかし夏のtwlへの道はしんどすぎますね。何度も挫けそうになります。

それ以降片付けはまったく進んでないので今日の大喜利千景に行きたいのですが無理そうです。も〜

ブログ

ブログを始めることにしました。手書きの日記が小学生以来続かなくて、机に向かう時間もないので常に持ち歩いてないといけないけどカバンにそんなスペースがないことを思うとブログがいいかなと思ったんですが単にブログを始めるという響きに憧れただけです。いま面白い人はみんなブログをやっているので真似したいだけです。ツイッターから離れられないのも要因の一つかもしれません。ツイッターは一度開いてしまうといつものアカウントのTLを読み、別のアカウント、また別のアカウント…と読み出して読み終わったらまたいつものアカウントに戻ってきて無駄に更新したりいらないことをツイートしたり、というかツイートしてないだけでTLをジッと見つめてることが多々あるので少し脳を整理する意味でも140字以上の文を書くのがいいかなと思いました。結果SNSではあるけど。そこはそんなに気にしないことにします。自分のことばかり書いても疲れるだけなので明日からはお笑いライブに行った感想や写真を載せることにします。